Where is the world

ファーブルのホームページに戻るにはこちらをクリック⇒http://whereistheworld.com/







Sunday

くじらとご対面! 2008年10月18日

クライストチャーチからバスで3時間かけて、南島の上のほうにある、カイコウラにやってきました!
眺めはこーんなでのんびりだし、思ったよりもかなーり快適な移動でした☆
ほーんとニュージーランド、羊が多い!
バスの中から見えるどこまでも雄大な景色の中に、のんびり草を食べる羊の親子たち。
たまーに、アルパカや馬や牛もいるけど、ほとんど羊の群ればかり。

さすが羊王国だね!

さてさて、そして到着しました! カイコウラ!
貝のこうら?みたいな名前だけど、そのイメージ通り、海の町!
サーフィンと鯨ウォッチで有名な場所なのだ。

でも、もちろんカイコウラという名前は貝のこうらではなくて、マウイ語でカイ=食べる コウラ=クレイフィッシュ、そう、クレイフィッシュ(伊勢海老の一種)を食べよう!という意味の名前なの。 だからクレイフィッシュももちろん有名。


にしても、ここ、景色がやばい!
海というより、その後ろにそびえ立つ雪山の存在感がなんとも言えない。
ゴージャスな景色じゃない???

この景色だけでも大満足なんだけど、バスで7時間かけてここへ来た意味はというと・・
ファーブル、もちろんサーフィンはやりません。そう、くじらウォッチング!

到着したその日の午後、さっそく予約しておいたWhale Watchへ!

この旅を始めた最初のほうに立ち寄った南アフリカ・ケープタウンでは、サメを見に行くも船酔いにやられて大惨敗だったファーブル。

同じミスは二度といたしません!

今回はばっちり酔い止めを事前に飲んで、さぁ来い! くじら!

意気揚々とバスに乗り込み、船着場へ到着。
ファーブルたちが乗り込むのはこの船。


サメを見に行ったときとより多少大きい船の上に、中はこーんなりっぱな飛行機並みのシート。 さらに、船酔いを一気に誘った魚くさいウェットスーツも着なくていいので、余裕のファーブル。

しかも、船酔いしやすい人は後ろの座席に座るといいというアドバイスどおり、一番後ろの席を陣取ったもんねー(^^)v

中ではくじらのいる地点に着くまでに、ビデオでいろいろくじらについて説明をしてくれる。

ここでは、なんといっても一番大きいくじらが見れるんだけど、そのサイズを聞いてびっくり!

なんと、くじらの体長はジャンボジェット機と同じサイズ! しかも重さはその6倍とか!
そして、彼らの心臓はヴォルクスワーゲンの車と同じサイズなんだってーー!!

すごいすごい!!! ファーブルますますテンション上がる!!

ものすごい勢いで水しぶきを上げながら、船は海上を進み、止まったと思ったら、外へ出ろと合図が!

きゃーくじらくん、見れちゃうのねー!! とワクワク、カメラを持ってみんなで外へ。

出たら目の前に飛び込んできたのはこの景色!

すごくない?
キラキラ輝く海に、どどーんと構える雪山。
こんな海上にいるだけで、なーんか素敵な気分になれる。

おっと、でもでも、ここに来た目的はくじらくん!
雪山をぼーっと眺めてる場合ではないのだ。

でも、あたりをきょろきょろしても何も見えない。
どうやらクルーの1員が、くじら探知機のようなものを海に入れて、くじらの音を探ってる。


ファーブルの隣には中国人の男の子2人組み。 でも一人は船酔いしてるみたいで、かなーりつらそう。

ファーブル自分も経験者だけに、かなりその辛さがわかる。
薬飲んだ?? まだなら私持ってるよ?と話しかけると、さっき飲んだとのこと。
本当は船に乗る30分前に飲まなくちゃいけないのに・・かわいそう・・。

しかも英語があまりよくわからないようで、船酔いする人は後部座席に・・というアドバイスも聞けてなかったようで、真ん中らへんに座ってた彼。


すると、くじらの音を聞いていたお姉さんが、「ここから、数キロ先だわ!」と。そして、また中へ戻れ命令が。

中国人の男の子たちに、後ろの座席がいいらしいよ!と教えてあげて、彼らも後ろへ移動。
そしてみんなが席に着くと、また猛スピードで動き出す船。

ぐんぐん進んで、また止まり、外へ出る。
またくじらの音を聞いていたお姉さんが、「近い、この辺にいるわ!」と。

おー!とみんなでワクワク、あたりを見回す。

すると、「くじらの音が聞こえなくなったわ・・」とお姉さん。
いなくなっちゃったのか? と思っていたら、クルーのお兄さんが、「音が聞こえなくなったというのは、悪いサインでもあり、良いサインでもあるんだ。」と言い出した。

どういう意味だ?と思っていると、

音が聞こえなくなるときは、くじらが移動してしまった可能性の他に、息をしようとくじらが浮上してくることも表しているんだとか。

その浮上してくる瞬間が、うちらがくじらを目撃できる瞬間だから、みんな海に目を凝らして!とお兄さん。

すると!!!
いたー!!!!!!!

船中のみんなでかなりエキサイト!
目の前にくじらの背中が見える!
そしてプシュープシューって水しぶきを上げてる!

全体像が見えないのが残念だけど、でも背中の一部だけでもかなり感動。

そして、背中を丸め始め・・・・

尻尾を振り上げてまた海中へ。
くじらは海中にいる時間が45分くらい、そして水面に出てくるのが12分くらいなんだって!

私たちの最初のくじらが潜ってしまってすぐ、他の船から連絡が!
「もう少し先にいるみたいだから、すぐ移動するぞー! みんな、できるだけ早く席について!」とお兄さんの指示。

みんなで急いで席に戻って、船がまた水しぶきを上げながら、ぐんぐん進んでいく。
このスピード感がまた楽しい(^^)

すると、いたー!!!
今度のやつの方がさらに大きいみたい!


あー、全身が見れたらどんなに迫力のあることか!
船の底が潜水艦みたいになってて海中が見れたらいいのにぃ!
でもくじらウォッチで全身見れるなんて聞いたことないから、たぶん危険なのかな?
海面にいるから平気なのであって、海中にいったら襲われる、もしくは勢いで吸われてしまうとか?

でも全体像見れたらほーんとほーんとすごいんだろうなー!
まぁ見れない分、想像力が働くから、それもまた楽しいけどね♪

そして、今度はキチンと尻尾が見えましたよー!

でも、写真を撮ることに夢中になって、海中へ潜る瞬間を自分の目で見れなかったのが残念。
浮かんでる間は時間が長いから、カメラの画面と実物をエンジョイできたんだけど、潜る瞬間は本当に一瞬なんだもん。

気づいたらカメラの画面しか見てなかったよ(^^;)

でも無事に船酔いもせず、くじらくんとご対面できて、大満足のファーブル。
このツアーは全部で4時間ぐらいだったから、終わった時にはもう夕方だったし、酔い止めのせいでせいでかなーり眠くなっていたファーブルは、この日は早めにオヤスミ。

そして次の日、帰りのバスまでかなり時間があったので、海岸沿いをお散歩してみることに。
ほーんとここの海、すっごい透き通っててきれいなのぉー!


海岸沿いを1時間くらいあるけば、オットセイのいる所に着く予定。
何度も何度も後ろを振り返っては、雪山の美しさに惚れ惚れしながら、ひたすら歩くファーブル。
気温は高くないんだけど、結構日差しが暑い中、歩き続けること1時間。
そろそろ着くころだな-って思ったら、いました、いました!

本当はもっといっぱいここに住んでるはずなんだけど、たぶんみんなお出かけ中だったんだね、いたのはこの子一人でした。


なんか、観光客のために一人だけ残されたみたいな感じがしちゃったよ(^^;)


とりあえず写真を撮ってから、他にもいないかなーと潮が引いて現れた陸をさらに歩いてみた。


そしたら、死んでるように眠ってるもう一人を発見!

潮が引いて水がなくなっちゃってることにも気付いていないかのように、すやすや。


なーんかのーんびりした生活だよねー。

彼らには10m以上近寄っては行けないことになってるので、遠くからズームして見てたんだけど、この子はぴくりとも動かなかったよ(^^;)

そして、せっかくなのでオットセイコロニーの近くにある岬に上ってみることに。

15分くらいで登れちゃうんだけど、またここからの眺めが最高!
しばらくぼーっと景色をエンジョイしていたら、おなかが空いてきた。

時間を見たら、バスの時間まであと2時間くらい。
戻るのに1時間ちょっとだから、今から戻り始めれば、来る途中に見かけて目をつけておいた屋台のようなお店でランチをする時間を持てるぞ。

ファーブルまたてくてくと歩いてもと来た道を戻って。。。

ありました! 来る時みかけた新鮮なクレイフィッシュの屋台!

さっそくハーフを頼んで、海を見ながらランチ(^^)v

みてみてー! おいしそうでしょ??? っていうかすっごくおいしかったよ!

そんなこんなで、たったの1泊だったけど、カイコウラを満喫したファーブルでした!



なんか最近、新しい読者からのコメントが急に増えて嬉し-い!!
旅ももうすぐ終わりだけど、みんな引き続き応援よろしくー!!

☆読んだら・・・
上に表示されてるアドレスがwww.の付いていないhttp://friends-in-the-world.blogspot.comになっていることを確認して、クリック☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
世界一周をしている人のブログのランキングに参加してます♪
毎回クリックお願いします☆
*コメントは承認してから載る様にしてるので、すぐには確認できませんがよろしくー!

2 comments:

みった said...

鯨、見れて良かったですね。
ツアーに参加しても見れないときもあるものね。ここはワイルドライフが、豊富なエリアのようですね。景色もとってもきれいです。

ファーブル said...

みったさん>いつもいつもコメントありがとうございます!

そう、ここは本当に自然が豊富で素敵な場所でしたよー。

くじらは結局4回くらい見れて、感動でした!