Where is the world

ファーブルのホームページに戻るにはこちらをクリック⇒http://whereistheworld.com/







Thursday

エジプトへやってきました! 2008年5月14日

さてさて、ファーブル、アラブの国エジプトへやって参りました!

空港についたのは夜中1時、ホステルの人に迎えに来てもらってチェックインしたのが2時ごろ。

さてさて明日は何をしようかとホステルの人に相談して、さっそく次の日ピラミッドツアーをすることに。 キザ、メンフィス、サッカラ、ダハシュールと、有名どころを全部回ることにしたんだけど、それなら朝日が昇るころからスタートした方が、きれいだし、涼しいし、オススメだよと言われ、2時間半ほどだけ睡眠をとって5時半ごろから出発!


セイドというドライバーさんが専属で連れていってくれるの。

に着いたら、一人で見に行って、彼は駐車場で待ってるという感じ。

運転してる間も、気になったところがあれば止まってくれるし、写真もとってくれるし、水とかも買ってきてくれる。 そのすべての料金こみで、約2000円。 安いっしょ??

日本のガイドブックにはUS60とか書いてあるけど、あれは日本人向けの、ぼられてる価格だよね。。(^^;)


まずは朝日と一緒にピラミッドを拝もうとギザに向かったんだけど、この時間はしまっているから入るにはラクダか馬に乗らないとだめとのこと。。

そんなの聞いてなかったー。だったら早起きしなくても良かったかもー。


ファーブル、実は動物あんまり得意じゃありません。

しかもキザってすぐそこにあるから、乗るほどでもないしなー、しかも朝日狙いだと特別だから値段も高かった。2時間半の睡眠でまだ疲れてる中、いきなりラクダという気分でもなかったから、またあとでくることに。


日は朝日でみれたし、とりあえずこんな写真をラクダのりばさんの屋上から撮らせてもらって、


いっきに南下してダハシュールヘ。このピラミッドの中に入ってみたけど、入り口はこんな感じ。


すっごい急な坂になってて、足滑らせたらがーって落ちていっちゃうって感じ。

しかも、せまいから、腰をかがめてしゃがんだ状態で、かなーり深くまで降りていかなくちゃいけない。なんか中の空気はじめじめべたべたしているし、朝早くて他の観光客もいないし、下ってる途中で心細くなって、入り口にしゃがんでたエジプト人のおじさんに、"遠いんだけどー。 もう疲れたー"と話しかけてみた。


英語が通じないそのおじさん、どうした? 大丈夫か?って感じでおろおろし始めた。

あ、迷惑かけてる? ただ寂しかっただけなんだけどね。。(^^;)

ごめんごめん、おじさん、大丈夫だよーとまた通じない英語で返して、進み始めた私。


にしても長い。 しかも息苦しい。また途中で休んで、今度は日本語で独り言を言った。

"もう行きたくないかもー。 しかもこれってお墓だしねー"


そんなに大きな声で言ってないから聞こえてないはずだけど、途中でうずくまっている私が気になったのか、おじさん私の方へ降り始めた。


えー? 入り口にいなくていいのー? 大丈夫だヨーと思ったけど、おじさん早い早い!

が5分くらいかかって降りたであろう距離を、10秒くらいでやってきた。


そして、私の前を進んで、ほらほら頑張れと言わんばかりに振り返り振り返り、先を行く。

張ってやっと下にたどり着いたら、広くきちんと立てるスペースに。

ほぉ、やっと着いたよー。 と安心した私の肩をがちっと掴んでおじさんスマイル。

おっとぉ?! そうじゃん、このおじさんと2人きりでこんな中にいる方が危険かも?!

大丈夫だからーと私も笑顔でおじさんの手をどける。


ある程度の距離を保ちながら、おじさんに中を案内してもらって、またまた長い坂を今度は登って出口へ。 登る時もおじさんの早いこと早いこと。 慣れって凄い。


ピラミッドとひとことで言っても、いろーんな形のがあるんだよねー。


いろいろまわったところで、途中こんなかわいいこに会いながら、またまたキザへもどって来ました。


キザのピラミッドは1日100人しか中に入れないんだけど、私はもともと中にはあんまり興味がない。中にあったものはすべてミュージアムに保管されているんだし、お墓に入るなんてちょっときもい。最初ので大変なこともわかったし、結構懲りてたしね。


とりあえず、スフィンクスや3大ピラミッドの写真を撮りまくる私。

これはスフィンクスの横顔。 正面からはよく見るからね。ちなみに、トリビアで聞いた通り、その目線の先にはしっかりケンタッキーがありました!


にしても、ここキザは、観光客が集中するだけあって、客引きがすごい!

ほーんとうざいくらいに、ラクダ乗り、馬乗り、物売り、が近寄ってくる。

しかも日本語で、ラクダとかウマとか言ってくるからやだ。


ファーブルにとって、海外で日本語で話しかけてくる物売りほど嫌な人たちはいない。

日本人だからぼったくれると思っているのがみえみえなのだ。


にしてもほーんとここの人たちはしつこい。

一人で写真を撮っていると、近づいてきた男の人。

写真を撮るならいいスポットがあるから教えてあげると言い出して、"別にいいから"と言ってるのに、9つのピラミッドがパノラマで見えるところがあるんだぞーと。


へぇ、と思って一応興味なさそうにしながらも、情報だけ得ておこうと着いていくと、遠くを指さして、あそこの砂丘から見るのがベストなんだだって。


なるほどねーとは思ったけど、まだこの近くでいろいろ写真を撮っていたかった私は、"OK、あとで時間があったら行ってみるよ"と言って戻ろうとした。そしたら、"何で行くつもりだ? 遠すぎて歩いてはいけないぞ? 俺は政府が指定したところで働いてるから安全なんだ"とIDを見せながら、ラクダをすすめてくる。
"とりあえずいいから、あとで考える。"
と言っても、わーわーしつこい。

あまりにしつこいから、"私の好きなようにさせて!!!"と怒鳴ってやった。


覚悟はしていたけど、このアラブ文化、女性にはきつい。

完ぺきに男は女をみくだしてるし、エロイ目付きで近寄ってくる。

ガイドブックにはアラブの男性は女性に優しいなんて書いてあるけど、いやいや、これ優しいって言わないでしょ。 なめてるっていうんだよ。。って感じ。こっちがきぜんとした態度でいれば、優しさのレベルで終わらせることもできるけど、それで終わらせるようにマネージするには、こっちによっぽどのエネルギーがいる。


特にこの写真のときが一番やばかった。この私が頭につけているのを売っていた若い青年が近寄ってきて、これあげると言ってくる。
"いらない"というと、"プレゼントだよ、お金はいらない。 君がきれいだから、あげたいんだ"なんて言ってくる。 それでも"いらないから"とスタスタ歩くけど、どこまでも着いてきて、"受け取ってくれ、本当にお金はいらないから"と。

あまりにしつこいから、とりあえず受け取って、そのままスタスタ進んでいると、"それなにかわかる?"と彼。 まだ着いてくる。"さぁ。興味ないし、知らない"というと、かしてごらん、と袋を開けて、私の頭に巻き出したの。

そして、"これで君もエジプト人みたいだ。 写真とってあげる"という。

これでカメラ渡したら、ぜったい返してくれないに違いない。
"いいよ、写真ならいっぱい撮ったし。 どうせお金くれとか言うんでしょ"と言ったら、
"俺は正直な男だぞ! お金なんか絶対請求しないから。"と、本当にしつこい。

"じゃぁ本当に絶対撮るだけだからね。"と言って、相手の目を見ながらカメラを渡すと、
"向こうのほうがいい景色だから"と彼。

人気のない方に連れていくつもりだ。
ピラミッドの真前にいるのに、他にどこにもっといい撮影場所があるって言うんだ。
"ここでいいから。 ピラミッドもあるし、ちょうどいいでしょ? ここでなければ私は写真だって撮らなくていいんだから!"と言うと、しぶしぶそこで写真を撮って、カメラを私に返した彼。

やっと進める。。と思っていると、"ちょっとまって、頭のがズレてるから直してあげる"なんて言いながら、私の頭に両手をやって、それを直すふりをしながら、めっちゃ近づいてくる。
体を私に押し付けてくるの。

最悪。
"もう本当にいいから、いい加減にしてくれる?!"と言って手を払うと、
"キスしてもいい?"ときたもんだ。

ありえない!
"NO!!!"と大きい声で言って、歩き出す私。
ファーブルこの時点でかなりキレてました。

そしたら、今度は怖い顔で、"じゃぁ金をくれ!"と言ってくる彼。
冗談じゃない。 むしろこっちが迷惑料をいただきたい。

"最初からお金は払わないって言ってるでしょう? あなた正直な男じゃなかったの?!"と怒鳴ると、悔しそうな顔をしながら、じゃぁこれ返せ!と私の頭から布を引っ張って去っていった彼。
そんなのもともといらないし! 人をなめるのもいい加減にして! って感じ。

まぁみんながみんな嫌な人ではないけど、ホステルの人とかすごくいい人たちだし。。かなり常に強気でいないといられない国であることは確か。

結局その後、時間もあったし、やっぱり9つのピラミッドを見たくなって、歩いて向かったけど、見た目よりすごく遠いし、砂だから歩きづらい。

断念しかけた時に話しかけてきたラクダ乗りのおじさんは、押し付けがましくなくって、いい感じの人だった。 値段も"日本人の友達がいるから"という理由で、安くしてくれて、ほかの人が今まで提示してきた額の半分くらいだったし、乗ることに。
もし満足行かなかったらお金を払わなくても良いからとまで言ってくれた。

そして、見ました! 9つに並ぶピラミッド!



ラクダはあまり乗り心地のいいものではなくって、背も高いし怖かったけど、せっかくなので記念撮影。このおじさんサービス精神おう盛で、あたまにターバンまでまいてくれた。

こーんな写真も撮ってくれました。


ラクダ乗りの中には、写真をとったあとチップを渡すまでカメラを返してくれない人が多いと聞いていて警戒していたけど、このおじさんはいい人でした(^^)
最後にお金を払った時に、"チップは? 写真も撮ってあげたのに"と言ってきたのがちょっと残念だったけど、それでも"全部含んでって最初に言ったでしょ?"って言ったら、すぐ納得してくれた。

最後までいい人でいたかったのか、"納得行かなかったらこのお金も払わなくていいよ?"とお金を返すそぶりをしてきたけど、"私もそこまで意地悪じゃないよー"って笑ってバイバイ。
暑さと、人とのやりとりと、いろいろで疲れたけど、まぁ楽しい初日でした!

読んだらクリック☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
世界一周をしている人のブログのランキングに参加してます♪
毎回クリックお願いします☆

2 comments:

ariel said...

エジプトだー!!! 数年前に行った時のことを懐かしく思いました クフ王のピラミッドの中にも入ったし、ラクダにも乗ったし、スフィンクスの視線の先のKFCでケイジャンチキン食べて(スパイシーさに胃袋びっくりして)胃炎起こしました、私 エジプトはカイロ(ギザ)だけかな? 個人的には、アブシンベルが超オススメです

ファーブル said...

ariel> おー!! 私もKFC食べたー!
でも、2-3階は実はピザーラなのよね。でもそっちの方が眺めがいいから、上までKFCを持ち込んで食べました(^^)v

アブシンベルかー、今回は行かなかったけど、次回行ってみようかなー!