Where is the world

ファーブルのホームページに戻るにはこちらをクリック⇒http://whereistheworld.com/







Monday

無事ケープタウンに到着 2008年4月26日

しばらくブログができずにみんなに心配かけたけど、ファーブル22日、無事ケープタウンに到着しました!
まず香港からヨハネスバーグまで飛んで、そこから7時間待って乗り換えてケープタウンというフライト予定だったんだけど、ヨハネスまでの飛行機が1時間も早く到着したおかげで、朝のフライトに間に合って、ヨハネスでの待ち時間なしでケープタウンに着けたの! 今思えば本当に良かったー!!

だってね、ヨハネスバーグ、そうとう治安が悪いことで有名なだけあって、空港降りた瞬間もう悪いにおいがしてたんだもん。しかも、よく考えたら、ヨハネスからケープタウンはドメスティックになるから、空港も小さくて7時間も待つ場所ないしね。

でも本当にラッキーだったの。
最初は早めのフライトに間に合うとも気付かずに、ヨハネスの国際空港でて、さあどうしようなんて思っていたんだけど、すぐそこに立ってた黒人さんのおじさんに "ドメスティック?"って声かけられて。。。

最初は変な人に絡まれないように気を使い過ぎてて、その人の言ったこともまともに聞かずに、無視しちゃったの。でも、数歩進んでから、あれ?今ドメスティックって聞いてたよね、あの人。。
しかもなんかみんなで同じ色の制服着てた??と思って、振り返って、"そう、そう、ドメスティック"と答えたら、その人IDを見せてきて、"僕はセキュリティーポーター。 ここは犯罪が多くて危険だから、君をドメスティックのチェックインまで連れていくから"とのこと。

おー、やはりそこまで治安が悪いのかー。

勢い余って無視しなくて良かったーと思いながらも、その人ともある程度の距離を置いて注意を払いつつ、行き先を確認しつつ歩いたら、ドメスティックの空港に到着。

"ここで私7時間くらい待たなくちゃなんだけど、どっか安全でいい場所ありますかねー?"とおじさんに聞くと、おじさん相当あわてて、"なんで? なんで7時間も?"
"だって、私のフライト午後までないんだもん"って言うと、
"大丈夫、僕がどうにかしてあげる。 ここでそんなに待つなんて良くないから。"とおじさん。

そのまま、ブリティッシュエアウェイのカウンターに行って、チケットを変更してくれたの!
忘れてたけど、そういえばチケット取った時、あまりに時間がぎりぎりで朝のフライトには乗り継ぎが間に合わないからって、午後のになっちゃったのであって、1時間も早く着いたら間に合うんだー!!
おじさんが言ってくれなかったら、私気付かず待つところだったよ。

フライトが変わった今、空港まで迎えに来てもらうシャトルの時間も変更してもらわなくっちゃって言ったら、自分の携帯で電話までしてくれて、とってもいい人だった。(電話は結局継らなかったんだけど)

でも本当に申し訳なかったのは、別れ際に、"チップちょーだい"的なことを言われて、すごく良くしてくれたから渡したかったんだけど、なんせついたばかりでアフリカのお金、ランドを持ってない。 US$は?って言われたけど、もちろんそれもない。ATMで降ろせない?とまで言われたけど、さすがにそこまでしたらいくら欲しがるのかわからないからできない。

"ほーんとごめん。 あげたいんだけど、香港ドルしかないの。カードも持ってないからATM使えないし。。。"と言って香港ドルを見せたら、ちょっとがっかりして、"OK、have a nice day"って言って去っていったおじさん。 ごめんよー。ちょっと心が痛んだけど仕方ない。

フライトは順調に行って、ドメスティックだし、眺めも最高だった。 一発でケープタウンに飛べなくてむしろ良かったかも。だって、こんな景色がみれたんだもん。

ケープタウンついてからは、インフォメーションの人にホステルまで電話をつなげてもらって、早くついちゃったから今迎えに来てくださーいってお願いして来てもらった(^^)
ホステル向かいながら車の中で、危険な場所、時間などをドライバーの人から教えてもらってホステルに到着したのがお昼ごろ。

デラックスの4人部屋だったんだけど、私以外にイギリス人のニールとブラジル人のエイドリアル2人だけだった。男2人、女1人かーと最初は思ったけど、二人とも全然いい人で、心配無用だった(^^)

着いた日は疲れていたし、ちょっと休んで、夜はエイドリアルに誘われて、一緒にウォーターフロントに行ってきました 。すごくきれいなところだったよー。

ディナーは本当はアフリカ料理が食べたかったけど、ここは観光地すぎてアフリカ料理のお店がなかったから、ギリシャ料理をいただきました! 前にNY住んでた時、ギリシャ人の多いエリアに住んでたから、なんか懐かしかった(^^)

エイドリアルは1歳年上の29歳で、ブラジルで2番目に大きい銀行で働いているんだってさ。
銀行マンってどこの国でもある程度似た雰囲気を持っているんだなー。
ルーミーがいい人で良かった(^^)

☆読んだらクリック☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
世界一周をしている人のブログのランキングに参加してます♪
毎回クリックお願いします☆

2 comments:

mogupaku said...

この名前でわかるかな?

元気そうで良かった^^
素敵な景色だね!!
ブログ見てるだけでも感動する!私も一緒に旅しているみたいな気分になるよ。
これからも気をつけて楽しんでね~

ファーブル said...

mogupaku>
おーーー! なんて懐かしい名前(^^)
これからも頑張ってアップするから時々のぞいてちょ(^^)