Where is the world

ファーブルのホームページに戻るにはこちらをクリック⇒http://whereistheworld.com/







Sunday

がんばれ日本人! 2008年1月31日

さっき電車の中で立っていたら、目の前に座っていた日本人のオジサンと中国人の女性が日本語で会話していた。今日本からついたばかりなのか、二人とも小さ目のスーツケースを持って荷物いっぱい。

オジサンが "あと何こ目?" と聞くと、"次の次の駅です" と女性。
すると次の駅で突然オジサンが立ち上がり、女性が "まだだよ! 次の駅!" と言ってるのに、
"ドアの方行ってる"と一人でドアの方へ歩き出した。

どうやらオジサン、さっきからドア付近を見ていて、不安になったっぽい。
そう、ここ中国ではルールがまだ定着していない。
エレベーターでも電車でも、降りる人を待たずに、ドアが開くと同時に人が乗ってくる。 だから、いつでもドアの前では出る人と乗る人のバトルが繰り広げられているのだ。

こんなサインまであるくらい。
間違ってドア付近に立っていたら最後、どちらからも潰されることになる。

まぁオジサン賢い選択かもね。。。と思っているうちに、オジサンが降りる駅に到着。
しばらくして、ドアの締まる音がして電車が動き出した。
すると、別の駅で降りるらしい中国人女性はドア付近を一生懸命見ている。
そして急に慌てだして 、バックから携帯を取り出して、中腰になってドア付近をまた見たかと思ったら、 "スドさん、降りなかったの?!"
女性の目線の先をみると、先程の日本人男性がまだ電車の中に!

おいおい、オジサン。。。一つ前の駅からスタンバッたなら、頑張って降りようよ。。。

"スドさん!" と女性が呼んでるのに、オジサン恥ずかしいのか無言。

そうこうしている内に、次の駅が近づいてきた。
その駅は結構たくさんの人が乗り降りする駅。 おしくらまんじゅうも半端無い。
大丈夫かなーオジサン。。と、思っていると、その女性は座ったまま、降りようと動き出した一人の人を捕まえて、"ねぇ、あの人日本人なんだけど、降りれないみたいだから、降ろしてあげて!"とお願いした。

すると、"どの人? " とその人。"あの人、あの男性!" と彼女がいうと、周りの人がみんなで、"その日本人降ろしてあげて!" とおしくらまんじゅうを掻き分けて、オジサンの腕を引っ張り、背中を押し、オジサンは何がなんだからわからぬまま、荷物を必至でつかんで無事下車。

関係ないのに、私まで女性と一緒に首を伸ばして見守ってしまった。

やっと降りたはいいけど、オジサンひと駅乗り過ごしてるから、戻らないとね(^^;)
何の目的できて、何日滞在するんだか知らないけど、日本に帰る前に電車くらいは一人で降りれるようになるといいね、オジサン。。。。ちょっとカッコ悪いぞ?!


。。。という私も、今日ケンタッキーでホットティーを頼んだつもりが、ふたを開けたらなんとホットオレンジジュース。。。うげ!? っと一瞬思ったけど、ホットレモネードがあるんだから、ホットオレンジジュースがあってもいいよね。。

でもなぜ? 通じなかったのか? 単なる間違いか??
でも、その時はもう一度レジに行く気はせずあきらめ。

だけど授業が終わってもやっぱり気になる。
ルァ チャーなんていう、たった2文字の言葉が通じないはずがない!
しかもオレンジって単語は似てもいない。

こうなったら再チャレンジだ! と、たいして飲みたくもなかったけど、学校近くのバーガーキングへ。
小腹もすいてたから、お茶と、ポテトもついでに頼んでみた。
そしたら、ちゃんと思い通りの品が来ましたよー!
いっぱつでどちらも通じたではないか! 勝った! と心で小さくガッツポーズ。

そう、ここ中国では日本語になっているような英語でさえ通じない。
"セット"だとか、"フレンチフライ"、"ティー"、"ミディアム"などなど、全て中国語に直さないといけないの。

しかも、マクドナルド、ケンタッキー、バーガーキングとも全て、セットのドリンクはソーダのみでお茶は含まないから、ソーダが飲めない私にとっては、さらに注文時のハードルが高くなるのだ。
レジにメニューも置いてないから、指さすこともできないしね(^^;)

セットにお茶がないなんて、お茶の国中国のくせに、アメリカよりもいけてない。

そうそう、こっちで売ってるサントリー烏龍茶には、砂糖が入ってるんだぜぃ!
ちゃんと無糖っていうのを買わないと、かなりきもいことになります(^^;)

ちなみにこっちではマクドナルドは麦当劳(まいだんらお)
セットのポテトはスモールサイズで追加料金を払わないとミディアムにはなりません。

ケンタッキーは肯德基(かんだーじー)。 チキンは小さ目でいけてないけど、バーガーのチキンはかなりおいしい。
そしてバーガーキングは汉堡王(はんばおわん)。
中国ではフレンチフライはここが一番っすね。
日本ではモスかマック派の私だったけど、ここではバーガーキング、ケンタッキー、マックの順においしいことが判明。
中でもマックははっきり言っておいしくないので、もう行くことはないと思われる。。。
にしても、世界共通のファーストフードですら英語が通じないなんて。。いい中国語の特訓になりますな。

2 comments:

Daisuke said...

そっかー!ドムドムバーガーなんて
上海にはないよねー!
日本にももー無いか
あーモス行きたいなー

ファーブル said...

daisuke>ドムドムバーガーってめっちゃなつかしくない??
上海ではファーストフードはこの3つしか見つけてないなー。
あ!でも最近ガイドブック見てたら、豫园の近くにモスがあるって書いてあったんだよね! この前行った時は見なかったから、もう潰れてるかもだけど。。。
気になるので今度チェックしに行ってきます!