Where is the world

ファーブルのホームページに戻るにはこちらをクリック⇒http://whereistheworld.com/







Thursday

多いのは人だけではなかった! 2008年1月22日

今日は2度目の雪でした。 寒さにもだいぶ慣れてきました。
昨日は授業の後、上海海洋水族館へ行ってきました。この水族館、ガイドブックによると、"300種類以上、総数1万余りの海洋生物を有する、アジア最大級の水族館"とのこと。
入場料は120元(約1800円)と上海にしては高めだったけど、最大級なら行かねば!と、気合を入れて行ってみると。。。
うーん、外観はどうみても最大級ではない。。むしろすたれた感じ。


とりあえず中へ入って見ると。。。おいおい、水槽に対して魚の数多すぎだろう!

ここも!


ここも!



そしてこの水槽も!!!!



こんなに密集してたら絶対酸欠になるよ? ていうか、見るのもキモイよ?

限られたスペースでアジア最大級の数の魚を有するには、こうするしかなかったのね。。。。(^^;)
もうこれはギャクか。。と思って、4階建ての水族館の最後の方までくると。。なにやら不思議なものが水槽の中に。。。 これ何だと思う???


わかった人はすごい! 少なくとも私は人生で初めて見ました!

そう、サメの卵らしい!!!!


しかもね、しかもね、キモイんだけどびっくりすることにね、こんな風に生で成長過程が観察できちゃうのーーーー!!!



やばくない? 生きてるんだよ? 卵の中で動く赤ちゃんが見えるのー!!
ただ気になったのは、10DYASと書かれた卵の赤ちゃんのサイズと、120DAYSと書かれた卵の赤ちゃんのサイズがさほど変わらなかったこと。。。
よーく考えたら、生きている卵を本当に常にこうやって展示しようと思ったら、サメは毎日、少なくとも10日に1回は卵を産まなくちゃいけないということになる。
だってそうしないと、全ての過程を常に見るのは無理でしょ?


私が目にしたこの10DAYSの赤ちゃんは、10日後には20DAYSの棚にいるはずなんだから。

うーん、どうなってるんだ?? これまた偽物??? いや、でも生きてるし。。
なんとも謎の多い水族館でしたが、サメの卵は一見の価値ありかと。

ちなみにこんな怖いコーナーもありましたよ?触って噛みつかれないんっすかね?



上海にお出での際は、みなさんもぜひ。

3 comments:

ohlala said...

水族馆里的鱼好可怜!

はるみ said...

ほんと魚が多い!ぎっしりだね。。。

そして、see, touch and learn more about sharks...って、危険な香りがします。

中国っておもしろいね^^

ファーブル said...

ohlala>我也觉得他们很可怜。

はるみ>でしょ? 危険な香りがするでしょ??
もちろん私は遠慮しておいたよ(^^;)